Dragon Networks
HOME ソリューション サポート 会社概要 電話でのお問合せ 製品・開発 028-675-8471
世界最速の称号を欲しいままに・・・ CommuniGate Pro
メールフィルター
特定の条件合致するメールを自動的に選別し、フィルタリングする事が可能です。急増しているスパムメール、不要なメーリングリストを選別して管理する事で、業務効率を上げようと各企業は努力しています。ただしメールフィルターを別個に購入するにはコストがかさむという問題から、簡易に導入できる低コストな製品が求められていました。CommuniGate Proはメールサーバに予めフィルター機能を組み込んでおり、システムを不用に大きくする事を押さえる効果もあります。
アンチウィルス
アンチウィルスプラグインではKaspersky、McAfee、Sophosのエンジンをご利用いただけ、ウィルスやスパイウェアによる企業のリスクを最小限に留めることができます。
アンチスパム
アンチスパムプラグインではMailShell、Cloudmarkのエンジンをご利用いただけ、業務効率を阻害するスパムメールの被害を最小限にとどめることができます。
 
・クラウドマークでの「アンチスパム」フィルタリング設定例(別途プラグインが必要です)
サーバ側での設定は、ここで挙げる設定例だけでなく企業の形態やメールサーバの運用方針により自由に設定可能です。
運用ポリシのご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

サーバフィルター:ジャンクメール
クラウドマークでのスコアが”X”5つ以上(96%の確立でスパム)の場合「ジャンクメール」として処理し、ユーザには届きません
 
サーバフィルター:スパムメール
クラウドマークでのスコアが ”X” 5つ以上(96%の確立でスパム)の場合Subject(件名)に”[SPAM]”という文字列を追加し、ユーザにスパムメールであることを知らせます
 
・Webメールでの「スパムメール」設定例(Pronto!)
Webメール画面から、ユーザがそれぞれに設定することができます。
ここでのサンプルは、前述サーバーフィルタで『Subject(件名)に”[SPAM]”という文字列を追加』という フィルタリングがなされたメールに対しての設定例です。
メールフィルター:ルール設定 ルールタブではユーザ個別のルール設定も簡単
メールフィルター:ジャンクメールコントロールタブで簡単設定
ジャンクメールコントロールタブで簡単設定
社内コンプライアンスの観点からも、情報漏洩対策の一環としてメールの監視・検閲は、今後益々厳しくなると考えられています。メールを選別する条件は、メールヘッダ・宛先・送信元・添付ファイルの種類にて選別が可能です。
カスペルスキー
Kaspersky(カスペルスキー)
マカフィー

McAfee(マカフィー)
ソフォス

SOPHOS(ソフォス)
クラウドマーク

cloudmark(クラウドマーク)
メールシェル

mailshell(メールシェル)
CommuniGate Pro製品のお問い合わせ このページのトップへ