Dragon Networks
English Page
HOME ソリューション サポート 会社概要 電話でのお問合せ 製品・開発 028-675-8471
世界最速の称号を欲しいままに・・・ CommuniGate Pro
CommuniGate Pro Plug-in

Add BCC」内部統制対応
メールヘッダにBCC等を表記可能とするためのプラグインです。

CGPプラグイン「Add BCC」は、エンベロープの"RCPT TO"に記載されている 全ての宛先を暗号化して、"X-enc-rcpt:" という独自ヘッダに追記する機能を持ちます。

これによりBCCで送信した宛先などを特定することが可能となります。
内部統制のIT統制に対応する機能としてご利用いただけます。

専用デコーダには、メールのヘッダを1本単位で確認する場合に便利な WindowsのGUI版と、メールアーカイブシステムなどとプログラム的に連動させたい場合に便利な、 Linux(Solaris)コマンドライン版が用意されています。
プラグイン無償ダウンロード   ページへ・・
※動作確認後に、専用デコーダをご購入ください。
対応プラットホーム:
Linux x86-32bit / Linux x86-64bit / Solaris 10 x86 / Solaris 10 SPARC

Limit RCPT」内部統制対応
ユーザが一度に送信できるメール数の制限または監視(内部統制)を行うためのプラグインです。
CGPプラグイン「Limit RCPT」は、エンベロープの"RCPT TO"情報から一度に送信した 件数をカウントし"X-limit-rcpt:"という独自ヘッダを追記する機能を持ちます。

"BCC"もカウントされますので、正確な送信件数を把握することができるようになります。
カウントされた件数は、CommuniGate Proサーバログに記録され、管理者のみがチェックすることができます。

また、制限数を越えたメール発信があったことを管理者にメールで知らせることもできるので、送信者・送信時間などを特定することが容易となります。
内部統制に有効な機能としてご利用いただけます。
さらに、送られてくるSPAMに対して、グループ名・CC・BCCの総数でチェックできます。
送信・受信を別々のルールを作成することで特定の対象にのみ設定することも可能です。
これらはCommuniGate Proのルールの設定によって、きめ細かな運用管理を実現します。

社内のメールサーバ負荷軽減対策、一度に大量の送受信(トラフィック)を制限したい、ウィルス等による大量CC・BCCの防止、 内部統制での大量メール送信の調査、などにお役立てください。
お試し版ダウンロード   ページへ・・
※動作確認後に、製品版をご購入ください。
対応プラットホーム:
Linux x86 32bit / Linux x86 64bit / Solaris 10 SPARC / Solaris 10 x86 / Macintosh PowerPC / Macintosh Intel / Windows 32bit

Human Inspection」内部統制対応
このプラグインは、メール検閲用プラグインです。
一般ユーザが送信したメールを一時的にディスク内に保留し、検閲者が検閲を行い、
問題が無ければ送信する仕組みを提供します。

例)
・新入社員の出したメールのみ検閲する
・特定顧客向けに出したメールのみ検閲する
構造上、人間が検閲できる速度を超えた運用はできません
このプラグインは、クラスタ構成のCGPでは運用できません

「Human Inspection」の詳細ページ

お試し版ダウンロード   ページへ・・
※動作確認後に、製品版をご購入ください。
対応プラットホーム:
Linux x86 32bit / Linux x86 64bit / Solaris 10 SPARC / Solaris 10 x86 / Macintosh PowerPC / Macintosh Intel / Windows 32bit
CommuniGate Pro製品のお問い合わせ このページのトップへ