Dragon Networks
HOME ソリューション サポート 会社概要 電話でのお問合せ 製品・開発 028-675-8471
世界最速の称号を欲しいままに・・・ CommuniGate Pro
CommuniGate Pro 導入事例:郵船航空サービス
◆導入事例
会社名郵船航空サービス株式会社
本社所在地東京都中央区日本橋箱崎町30-1 郵船箱崎町ビル
代表者代表取締役社長 矢野 俊一
創業1955年(昭和30年)2月28日
従業員数5,065名(2008年3月31日現在)
事業内容各国航空船舶会社の代理店業、利用運送
  事業、通関業、倉庫業、その他
Webサイトhttp://www.yusen.co.jp/

◆システム概要
導入事例概要  
業種利用運送事業、通関業、倉庫業
システム名メールシステム
ハードウェアHP Prolaint 2台
ソフトウェアCommuniGate Pro / Cluster Pro
システム構成例フェイルオーバークラスタリング(共有ストレージ型)

◆導入の背景
Q:今回、CGPシステムを導入されるに至った背景はどのようなところにあったのですか?

A1:旧メールシステムで困っていたことは、2つありました。
ひとつは、メールシステムのパフォーマンス不足です。CPU使用率が慢性的に高い状態となり、ピーク時には、メール配送の遅延が発生するようになりました。 旧システムの導入から3年が経ち、その間、利用者数の増加とともに、メール件数、ボリュームが著しく増加したため、ベンダーと調査した結果、システムのハード・ソフト両面の処理能力が限界に達していることが明らかになりました。
また、旧システムは構成上、メールサーバを内部ネットワークに設置・そこから別システムによって外部へ配送するという仕組みで、2台のサーバの運用が必要であり、運用管理作業の効率化が課題でした。

サーバ数を少なく・・・、問題があっても一元管理・・・、運用をコンパクトにして、負荷(管理者)を下げたい・・・という希望がありました。

A2:2つ目として旧システムでは、メールが届かなかった場合の確認が困難でした。
弊社業務の連絡主体はメールとなります。お客様との出荷連絡をするにも電話ではなく、メールで行なうなど非常に重要な位置を占めているため、いかにメールの到達率を高めるかが課題となっています。
しかし、メールはインターネット上にでていくため、一般的には1%程度はロストすると言われています。
このため、現実的に、メールが届かないということが必ず発生します。情報システム部としては、メールが届かなかったという連絡を受けたときに、「弊社側の問題ではない」ということを即時判断する必要があります。
メールが届かなかった場合に、「弊社の問題」なのか「インターネットの問題」なのか、それとも「先方の問題」なのか切り分け、先方に説明できるシステムを望んでいました。

◆導入のポイント
Q:CGPシステムを選択されたポイントはどのようなところですか?

A:新メールシステムの前提としては、旧システムの問題をクリアするのは当然ですが、絶対運用を止めないシステムであること、何か問題があったときにそのステータス(メール配送状況など)が瞬時に判るシステムであることでした。
最終的に残ったのは、CGPとA社のシステムでした。 はっきり言うと、A社の方がネームバリューもあり大手ベンダーさんが取り扱っているということもあって、有力視していました。スペックも良さそうに感じていました。 でも、結果的には比較を進めていくにつれてCGPの方がさらに上をいっていたという結論に至りました。


Q:ありがとうございます。それはどのようなポイントですか?

A:CGP、というよりドラゴンネットワークスは、まず実際の提案段階にて現況の運用 形態を熟慮し、メールシステムに詳しいエンジニアがわれわれの立場になって 提案してくれ安心できました。
性能についてもCGPシステムは、旧システムとの比較試験で旧システムに比べ3倍の処理パフォーマンス出力しておりましたし、選択ポイントのひとつである「メールの到達確認」のオペレーションも容易でした。 弊社の運用環境はユーザ数2500ですが、その割にメールの量(数十万通/月)が多く、添付ファイルもサイズが大きい(PDFタイプで1M,2Mが当たり前)ので心配でしたが、実際にCGPと旧システムの動作比較デモをしてもらい実体験できたことで、システム選択への安心感が得られました。 ネームバリューが低かったですが、製品を実際に触れ、CGPの方がコンパクトで、パフォーマンスが高く、細かい機能で優れていて良いものと確信できました。また、他社の事例を聞いたことも後押しになりました。


◆導入後の効果
Q:実際に導入されてからはいかがですか?

A:今までは、ハード障害、システムの能力不足によるメール配信の滞留等、不安がありましたが、クラスタ構成による冗長構成ということもあり、システム運用は安定稼動しています。
オペレーションに関しても、アカウントの作成など、慣れると非常に練り上げられた感じがして、管理面で楽になりました。

重要課題であったメール配送確認についても、いままでは「メールが届く・届かない」といった確認ができない上、やろうとすると膨大なログを検索しなければならなかったのですが、検索の仕方が簡単なため即時に調べられ、ログも見やすく問い合わせ時に説明しやすいなど、運用が楽になりました。 運用業務としては、「前とあまり変わらないだろう」と考えていましたが、特別な作業も増えておらず、携わる工数が劇的に減りましたね。 「メールが届いた・届かない」といった業務日常的問題は発生しますが、本当に確認が楽になりました。


Q: DNAのサポートはいかがですか?

A:問合せ、障害時(発生していませんが)のレスポンスが早く、ユーザ作業への協力、サポート内容にも満足しています。
また、リモートメンテナンスの環境があるので、システム状況の確認や設定変更もお願いでき、電話での依頼も可能・・・今後も質を高く保って継続して欲しいですね。
CGPシステムを使用していて気になることがあったらどんどん相談させて欲しい、またアドバイスしてくれることを希望しています。
また、CGPにはまだまだ多くの機能があるので、他システムとのインターフェースを検討したいし、セキュリティ問題やシステムの管理の負荷を更に減らすためにも、ベース機能の拡張、ユーザ管理情報の強化などにも協力してください。

CommuniGate Pro製品のお問い合わせ このページのトップへ